リレンザで予防が出来る?

リレンザはインフルエンザに感染した際に処方される抗インフルエンザ薬の一つです。この抗インフルエンザ薬は予防薬としても使用されることがあり、日本ではリレンザの他に、タミフルやイナビルが許可されています。
リレンザを予防薬として使用する場合、医療機関で認められているのは家族がインフルエンザに感染していて、なおかつ65歳以上の方、糖尿病などの代謝性疾患の方、慢性呼吸器や、腎機能障害がある方となっています。もし、受験など重要なことが控えている場合は医師に相談することで処方されることもあります。
予防に用いる場合、リレンザの使用方法はインフルエンザに感染した時と同じです。違う部分は1日の回数と期間です。
通常の場合、1日2回、5日間使用しますが、予防として使用する場合は1日1回、10日間吸入します。インフルエンザに感染した人と接触してから1日半以内に吸入を開始しないと予防としての効果はなくなってしまいます。予防効果があるのは、リレンザを連続して吸入している10日間のみとなっているので、日常の予防としては効果はありません。
予防薬として使用する場合、保険の適用とはならないので、全額自己負担になります。また、リレンザは副作用が比較的少ない薬ではありますが、気管支が弱かったり、呼吸器に疾患がある場合はひどくなることがあります。喘息の人で、喘息用の吸入薬を使用している場合は喘息の薬を使用してからリレンザを使用するようにしましょう。事前に喘息があることや気管支が弱いことを医師に伝えておくとより安心です。
副作用としては、じんましんや浮腫み、下痢、口内炎、喉の違和感、頭痛などがあります。安全とはいえ副作用はあるので使用期間などを守るようにしましょう。

リレンザは即効性があります

インフルエンザは体内でウイルスが増殖することで高熱や喉の痛み、身体の痛みなどの症状が出てきます。インフルエンザの治療薬には様々なものがありますが、リレンザは即効性があることで人気があります。
インフルエンザウイルスは人間の喉や鼻の粘膜から体内に侵入し、喉から肺にかけての気管でその数を増やしていきます。インフルエンザウイルスが1個体内に侵入すると24時間経過する頃には約10億個に増えるというすさまじいスピードで増殖していきます。インフルエンザウイルスは人間の細胞の中で増殖していくのですが、インフルエンザの治療薬はウイルスが細胞の外に出られないようにして健康な細胞で増殖するのを抑制する効果があります。インフルエンザ治療薬はウイルスを殺すための薬ではなく、ウイルスが増殖しないようにすることで症状を軽減する効果があるのです。
リレンザは粉末状になった薬剤を吸い込む吸入薬です。ウイルスが増殖する場所である気道に直接薬剤を届けることができるため、吸入してから1分後にはウイルスの増殖を抑える効果があると言われています。消化吸収を行わなければいけない内服薬に比べて即効性があるため、インフルエンザの治療効果が高いと言われています。また、薬剤が入り込むのが気道だけのため、他の内服薬のような副作用が出にくいことも特徴の一つに挙げられています。
病院でリレンザを処方された場合には、すぐに吸入してウイルスの増殖を抑えるようにするのが効果的だと言われています。吸入方法にコツがあるため、調剤薬局によっては吸入指導を行ってくれるところがあります。初めての処方の際には、吸入方法をきちんと確認しておくようにしましょう。

リレンザを通販で買うのがお得

吸引タイプの医薬品であるリレンザは、インフルエンザウイルスの感染拡大を防ぐことで、ウイルスに感染したことで起こる諸症状を緩和させることができる薬として多くの人に知られていますが、この医薬品はインフルエンザウイルスの感染予防にも用いることができます。もし、リレンザを予防のために用いるのであれば、個人輸入代行業者が運営している通販サイトから購入するのがお得です。
リレンザを通販サイトから買うのがお得な理由は2つあります。1つ目の理由は、まとめ買いができるため、備蓄が容易になることです。外国製の医薬品を個人輸入する場合、まとめて注文しても一度に届けられるリレンザの個数は限られますが、適切な方法で保管していれば自宅に届いたリレンザを数年間保管することが可能です。自宅にある程度蓄えておけばインフルエンザが流行するシーズンに突入した時に、シーズンを通じて予防薬として利用することができるでしょう。
2つ目の理由は、リレンザを予防目的で使う場合は健康保険の適用対象外となることです。日本で製造されたリレンザはインフルエンザの治療を目的に使用する場合に限り健康保険の適用が認められています。自由診療となる場合、リレンザの価格は日本で製造された正規品より、外国で製造されて市場で出回っている製品のほうが安くなっている場合が多いです。また、日本の医療機関から手に入れようとすると、薬代以外に診察料や調剤料などといった諸費用も支払わなければなりませんが、通販サイトだと送料の負担だけで済み、サイトによってはまとめて注文した場合に送料が無料になることもあります。このため、予防薬として入手する場合は通販サイトを利用したほうが少し出費を抑えることが可能です。

ページトップへ